ホルモン減少

パソコンを囲む医師達

女性らしい魅力を維持することができます

ホルモン減少により、顔の肌のハリやつやが失われていくのです。 したがって若々しく魅力的な顔を維持するためには、美容外科でのホルモン補充療法が非常に有効と言えます。これは、女性ホルモンに極めて近い状態に合成されたホルモンを、注射器で体内に注入するというものです。ホルモン補充療法を受けることで、加齢による魅力の減少を防ぐことが可能になります。 ただし子宮や乳腺が刺激されることで、子宮がんや乳がんのリスクが高くなる可能性もあります。そのためホルモン補充療法を受ける際には、投与期間や投与量について、医師にしっかり相談することが大事です。投与期間や投与量に気をつければ、安全性は高くなります。

生活習慣病やアルツハイマー症候群を予防する効果もあります

ホルモン補充療法を受けると、顔にはしわやしみができにくくなりますし、髪のつややかさも維持されるようになります。また、女性らしいプロポーションも維持しやすくなります。 このように非常に美容効果の高いホルモン補充療法ですが、さらに生活習慣病やアルツハイマー症候群を予防する効果があることも知られています。女性ホルモンには、悪玉コレステロールを減らす作用があります。そのため補充すれば、高血圧症や心筋梗塞の発症が防がれますし、さらに脳の血行も阻害されにくくなるので、アルツハイマー症候群の発症も防がれるわけです。 見た目の若々しさを維持できるだけでなく、健康体も維持できるようになるため、ホルモン補充療法のために美容外科に通う人は増えてきています。